ポケモンGOはマナーが大切

スマートフォンが人気になってからというもの、歩きスマホや車運転中のスマホ操作などの危険が話題になっていました。

ですがポケモンGOが販売されると話は一転、ポケモンGOのプレイによる事故の発生がニュースになりやすくなりました。

もちろん事故などの悪いニュースだけではなく、ポケモンGOで人命救助を行ったなどの良いニュースもあります。

◇参考ニュースをご紹介:池で見つけたのは「おじいさん」 ポケモントレーナーが人命救助

ポケモンGOはスマホの画面を見つつ行うゲームですが、ポケモンの発見は画面を閉じていてもバイブで知らせてくれます。

本来は歩行中のポケモンをバイブ機能等で発見、足を止めて操作しポケモンを捕まえるゲームなのですが、スマホ画面を見つつ移動をした方が効率的に見つける事も出来ます。

レーダーを見ながら歩くようなもので、一時ポケモンGOは歩きスマホを増長させるツールだと言われてしまいました。

ですがポケモンGOやスマホ自体に限らず、道具は人が使うものです。

元々想定されている使用法であれば安全に使用出来る事になっていますので、使用者のマナーが問われるものとなっています。

またポケモンの巣やレアポケモンの出現時に人が急激に集まる現象も起きていますが、それは列に並ぶ行列のようなものです。

ポケモンGOが非常に人気になった為問題視されやすくなっていますが、本来人気が高まると同時に必ず起こる現象です。

公園などでゴミの破棄などが問題になりますが、有料化など行うなどの方法もあります。

実際にレアポケモンの巣に有料公園が指定された事がありましたが、人は集まっていたようです。

ポケモンGOは人気のアプリで今後もアップデートで進化が期待出来るだけに使用者のマナーも大切にしていきたいですね。